オールインワンゲルは、洗顔後これ1つでスキンケアが完了できるという、いそがしい現代女性の強い味方です。
Smiling young business woman with document, laptop, cellphone and coffee cup, sitting in an urban environment

最近、ブームになったオールインワンゲル。
各メーカーでもぞくぞくと販売されていて、これだけ種類があり過ぎるとどれを使えば良いか悩んでしまいますよね。

しかし、種類が多いということはその中からピンポイントであなたに合ったものが使用できるということ。
より効果が得られる商品を選べるということです。
さて、それらの商品それぞれの成分は何に効果があるのでしょうか?

乾燥肌に効果がある成分は…

やっぱり一番、悩んでいる人が多いのは乾燥肌です。
保水力、保湿力に特化したオールインワンゲルを選ぶなら「高保湿」「セラミド」が入った商品です。

敏感肌に効果がある成分は…

個人差はありますが、オールインワンゲルを使うと、ピリピリ感があるという方には、「植物エキス」「セラミド」「アミノ酸」などが入った敏感肌用のゲルであれば肌のダメージが少ないようです。

美白に効果がある成分は…

美白効果の成分のなかでも「ビタミンC」「ビタミンC誘導体」「ビタミンE」といった抗酸化作用のある成分や「ポリフェノール」が配合されているものがとても美白に効果があります。

ハリ、弾力が得られる成分は…

ハリがない肌は疲れて見えたり、年齢よりもが老けて見えてしまします。
若々しく美しい肌のためには、「コラーゲン」「エラスチン」が良く、肌に弾力を与える成分が配合されています。
なので「エイジングケア」と表記している商品を選んでみて下さい。

cosme_007

pict06_06オールインワンゲルを選ぶポイント

あなたがどの役割までこなしてほしいか
どこまで時短したいか

などです。

普通は「化粧水、美容液、乳液」の役目のオールインワンゲルが一般的ですよね。
最近はクリーム、パック、化粧下地なども含むオールインワンゲルもあります。
あなたが、何か肌に悩みがある場合、その悩みにあった成分が配合されているかということはすごく重要なのです。

pict02_16ハリとツヤ ⇒ コラーゲン
pict02_16うるおい ⇒ ヒアルロン酸
pict02_16シワ、タルミ(※エイジングケア) ⇒ コエンザイムQ10など
pict02_16肌あれ、ニキビ ⇒ 薬用成分グリチルリチン酸2K

また選ぶ時の注意点ですが、なかには、化粧下地の役目まで果たせるという商品もあります。
それ自体は特に問題ではありませんが、肌に負担がかからないように作られたもの以外はメイク用化粧品と同じです。
化粧を落とした後の使用は避けましょう。

人それぞれ、選ぶポイントは違うと思いますが、重要なのは、価格と使用感ですよね( ^・ェ・^)/
どんな良い商品でも、あまりに高額だったり、成分的には良さそうでも、使ってみたらイマイチだったりすると続きませんよね?

初回限定割引やモニターや全額返金保証制度がついてる商品も多くあります。
そういうものをうまく活用してあなたが納得するオールインワンゲルを探してみるのが良いと思います。
(※ただ、初回のみ安い場合もありますので、注意して選ぶことが大切です)

いろいろ試してみて、一番あたなにぴったりのオールインワンゲルを見つけて下さいね!

<メニュー>

「オールインワンゲル」リピート最新ランキング
人気の「オールインワンゲル」を徹底検証!私が使用して選びました。
cosme_004

オールインワンゲルの正しい使い方

Being part of a white collar environment

「オールインワンジェル」ってそもそもナニ?

オールインワンジェルとは、化粧水・美容液・乳液などが一つになった多機能性スキンケアコスメです。
その成分は商品によって様々ですが、多くの美容成分を豊富に含んでいることが特徴です。
続きはこちら