「単衣訪問着」の季節がやってまいりました。
単衣の着物は見た目は袷(あわせ)だけれど、裏地が付いていないので涼しくて袷のお着物より快適に着用できますよね。

5月6月と9月にしか着ることのできない「単衣訪問着」。
今からでは梅雨のジメジメした季節なども、より快適に着物を着られますので是非おすすめです。

「単衣訪問着」とは?

大きく分けて着物には、2種類があります。

生地を二枚縫い合わせた裏地のある袷(あわせ)
暖かい時期以外は着る着物です。時期は10月~翌年5月頃まででしょうか。
和服、といえば大半はこの「袷」着物になります。

あなたも、街でよく目にしているのではないでしょうか。
裏地がついたこの着物は浴衣(ゆかた)とは違って透け感もありません。
着る時期がいちばん長い着物と言えるでしょう。

一枚だけの 単衣(ひとえ)
季節の変わり目によく着られる着物です(6月や、9月頃)。
袷とは違い裏地のないタイプになります。

裏地がない分、当然軽くてとても涼しのが特徴です。

このような「単衣訪問着」を手軽、格安でレンタルできるのをご存知でしたか?

着物レンタルとは?

着物レンタル365の特徴

着物レンタルとは?

着物レンタルの現状

大きいサイズ 訪問着

藤田ニコル 卒業袴

業式の着物/代表的なシーン

「桂由美」デザイン訪問着

フルセットレンタルが人気のワケとは?

吉澤友禅 単衣(ひとえ)訪問着

「着物レンタル365」単衣(ひとえ)訪問着の一覧ページはこちら↓



5月〜6月の初夏、または9月の秋に着用するお着物です。
新潟県十日町で明治30年創業の吉澤織物による、本格古典友禅の逸品着物。
七宝繋ぎの地紋のごく淡いクリーム色の地に、雪輪と松、笹が描かれた単衣訪問着です。

絵柄に合わせた濃いピンクの小物とのコーディネート。
白に近い地色が優しくも涼しげで、印象的な一着です。
着物レンタル365公式サイト「単衣(ひとえ)訪問着」の一覧ページはこちら

結婚式に人気の高い色留袖のブランドは本加賀友禅。

初夏の結婚式に向けて加賀友禅特有の華やかな色合いや、古典柄のデザインが大人気です。

「着物レンタル365」【加賀友禅】商品詳細はこちら↓



本加賀友禅 色留袖 No.031-5531-S
【本加賀友禅作家 高岸小波】
ベージュの地に、牡丹や藤、菊、松などが描かれた加賀友禅の色留袖です。
金地に蜀江の帯には色とりどりの花の丸が美しく織り込まれています。
着物レンタル365公式サイト【加賀友禅】商品詳細はこちら


30代に人気の商品一覧はこちらから


50代に人気の商品一覧はこちらから



<関連記事>

着物レンタルの賢い利用法